• 2017年 6月 25日

ほどよい距離感が魅力~女性専用シェアハウスってどんな感じ?

   
ほどよい距離感が魅力~女性専用シェアハウスってどんな感じ?

ほどよい距離感が魅力~女性専用シェアハウスってどんな感じ?

女性の1人暮らしは何かと不安、敷金・礼金など初期費用の負担が重い…など、住居にまつわる悩みは多いようです。そこで注目なのが、女性専用のシェアハウス。新しい暮らしかたが広がっています。

スポンサーリンク



こんなにある女性専用シェアハウスのメリット

シェアハウスは1つの建物に個室部分と共用部分があり、数人で暮らすタイプが主流です。ほとんどの物件には最低限の家具・家電が備え付けてあるので、自分で買い揃えなくて済みます。敷金・礼金の代わりに1ヶ月分の保証金(返還されるケースもあり)と前家賃を納めればよいので、初期費用が抑えられる経済的なメリットもあります。住み始めてからもネット接続料・水道・光熱費が共用費や家賃に含まれていることが多いので、お得感があるでしょう。

1人になりたい時は個室で過ごし、誰かの気配を感じたくなったら共用スペースに行くなど適度な距離感を保ちたい人にも、シェアハウスはお勧めです。困った時に助け合え、1人で住むよりも安心感があります。シャワースペースや洗濯スペースも共用のシェアハウスが多いので、女性専用の方が気兼ねなく利用できるでしょう。広々としたお風呂、シアタールーム、防音スタジオといった独自の設備を併設しているシェアハウスも必見です。

探すならココ

シェアハウスを探すなら、ふつうの賃貸サイトではなくシェアハウス専門サイトが便利です。

都内の女性専用シェアハウスを掲載。広さや価格帯など選択肢が豊富です。

掲載数が多く、対象エリアは首都圏。物件レポートが詳しくて、分かりやすいです。男性入居可の物件も扱っているので、「女性専用」の条件指定で検索してください。

ディスコ、GEISHA(芸者)、お城などテーマ性がある個性的なインテリアの女性専用シェアハウスを紹介しています。

注意したい点

他人と住まいを共有するシェアハウスには、デメリットもあります。キッチンの共有スペースの使い方、私物の管理はルールとマナーが大切。トラブルの原因にもなります。少人数のシェアハウスでは、同居人との相性がポイントです。友人の宿泊不可、禁煙といったルールがあるかもしれません。入居前の確認を忘れないでください。

人との出会いもシェアハウスの楽しみです。女性専用シェアハウスで、新生活を始めてみませんか。

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます!
よろしければ ↓ より記事のシェアをお願い致します。


Related Posts