• 2017年 8月 24日

アメリカで若い女性に愛されているブランドTOP10

   

アメリカで若い女性に愛されているブランドトップ10

アメリカの女性達にとって今、どのブランドがオシャレとされているのか、日本人としてもとても気になりますよね。きれいになりたい、おしゃれでいたい気持ちはアメリカ人女性も同じ。特に若い女性はファッションに敏感なもの。ファッション業界もまた、そんな世代の女性に注目し、品質、価格、ネームバリュー、スタイル、有名なモデルや女優などを宣伝に起用したりと女性のニーズに合う商品展開を努力し続けています。

今回はアメリカのゴシップ情報サイト、TheRichestにてビジネスライターのアンジェラ・アダムソンが取り上げた、アメリカの若い女性に愛されているブランドベスト10を紹介します。ハイブランドからファストファッションまで混ざっていて基準はあいまいですが、アメリカの空気は読み取れるのではないでしょうか?

スポンサーリンク



10位 NIKE

1964年に設立され、オレゴン州に本社を構えるナイキ、“ギリシャの勝利の女神”からその名前がつけられました。2013年の収益は約25兆円、運動靴のほか服、運動具などを提供しています。世界中、多くのスポーツチームや選手のスポンサーにもなっています。若い女性の70.6%の好感度、93.5%の認知度を得ています。

9位 ルイヴィトン

1854年創立当初、旅行用かばんを主に販売し、その後サングラス、服、アクセサリーに販売を広げました。2012年には4.36兆円の収益を納めています。ルイヴィトンはフランスを始め香港、ブラジルなど世界中に展開し、女性の好感度は78.4%、認知度は87%、納得の結果です。

8位 マークジェイコブズ

デザイナー、マークジェイコブズによって創設され、1980年代にはアメリカを代表するブランドになりました。また、ジェイコブ氏は、16年間ルイヴィトンのクリエイティブディレクターを務めました。

現在、世界中に約285店舗も展開し、最近は上海にも新たに進出しています。若い女性の好感度は79%、認知度は89.9%です。

7位 フォーエバー21

1984年に創設されたアメリカのファッションチェーン、フォーエバー21。女性、男性の服を始め、アクセサリー、化粧品も幅広く展開しています。リーズナブルな価格帯は多くの女性の心をつかんでいます。

2012年には収益は約3.4兆円、世界中に480店舗を展開し、南アフリカにも店舗オープンを予定しています。女性たちの好感度は80.5%、認知度は97.2%。誰もが気軽に手を出せるオシャレブランドです。

6位アーバンアウトフィッターズ

アーバンアウトフィッターズは1972年にペンシルバニア州フィラデルフィアで創設され、ファッションや家具を展開。若者に人気のこのブランドは約1.81兆円もの売り上げを記録しています。これまでファッションに敏感な若者にビンテージテイストからレトロスタイルを発信し続けてきました。

2007年にはアーバンアウトフィッターズはグローバル最優秀賞を獲得、今日までにスウェーデン、デンマークを含む9カ国に401店舗を展開しています。女性好感度は81.2%、認知度は89.6%です。

5位 Mac Cosmetics

1984年カナダで設立、その後ニューヨークに本社を移しました。オイルフリー製品として良く知られ、口紅以外にもマニキュア、ステージメイク、フレグランス、スキンケア商品も展開します。若い女性好感度は81.6%、認知度は87.7%。アメリカで人気の化粧品メーカーです。

4位 シャネル

1909年にココ・シャネルによって創設、フランスのファッションブランドは2012年には約8.6兆円をたたき出しました。シャネルはエレガントなスタイルでよく知られ、特に香水のシャネルNo.5は人気を博しました。それ以外にもサングラス、手袋、ハンドバッグ、帽子などバラエティーに飛んだ展開をし、バドミントンラケットまでも販売しています。

今日は世界の310の地域で展開、女性の好感度は82.2%、認知度は87.1%。ファッション界のクイーン的存在です。

3位 H&M

Hennes & Mauritzは1946年に設立、2012年の収益は約21.25兆円にのぼります。こちらのスウェーデンブランドはファストファッションブランドとしても知られ、低価格、高品質の誰もが手の届く商品展開をしています。服のほか、アクセサリー、靴、化粧品、水着を展開、Denim guide, City Chicのようにファッショナブルかつ飽きの来ないスタイルも提案し続けています。

今日、H&MはZARAに続く第2のグローバル小売衣料ブランドとなり、世界の53カ国に2629店舗を展開しています。好感度は82.8%、認知度は94%。アメリカにもすっかり定着したブランドです。

2位 ビクトリアシークレット ピンク

1977年設立、アメリカの下着ブランドは2012年に約6.12兆円の収益を納めました。従来の女性服、下着、水着のみならず、近年は香水、靴、化粧品、そしてCDにも展開の幅を広げています。

2012年にビクトリアシークレットはピンクを設立、ターゲットは15~22歳の若い女性。顧客がその後、大人向けラインのベリーセクシーに移行するような戦略のもと作られました。ビクトリアシークレットは今やラグジュアリー感あふれるブランドとして人気を集め、好感度は83%、認知度は96.4%になります。

1位 セフォラ

1970年設立、フランス化粧チェーンのセフォラは2012年、約2.64兆円の収益をあげました。ギリシャ語で“美”と言う意味のセフォラはスキンケア、化粧品、香水、ヘアケア商品を展開しています。モエ・ヘネシー・ルイヴィトン社によって運営され、約100ブランドの商品が並べられています。ユニークな方針でも有名で、顧客が店員に煩わされることなく自由に商品を見てメークも試せる環境を提供しています。

今日、セフォラは27カ国に1300店舗を展開し、2010年にはWomen’s Wear Dailyによってリテイラー・オブ・ザ・イヤー部門賞を獲得しました。好感度は87.6%、認知度は92.2%にのぼります。

まとめ

アメリカの若い女性は老舗ブランドからファストファッションまでに関心を持ち、自分だけのスタイルを楽しんでいるようです。ファッション業界もそんな世代の女性の心をどうつかむかが成功のポイントになっているのかもしれません。

参照元:The Top 10 Brands That Young Women Love/The Richest

トップ画像版権:  / 123RF 写真素材

スポンサーリンク



最後まで読んでいただきありがとうございます!
よろしければ ↓ より記事のシェアをお願い致します。


Related Posts

2 Comments

  1. アメリカで若い女性に愛されているブランドTOP10 | 看護師のためのライフスタイルマガジン LILIE | 健康と美容とファッションニュース
    2015年2月11日 at 12:05 PM - Reply

    […] 性に注目し、品質、価格、ネームバリュー、スタイル、有名なモデルや女優などを宣伝に起用したりと女性のニーズに合う商品展開を努力し続けています。 今回はアメ…[続きを読む] […]

  2. アメリカで若い女性に愛されているブランドTOP10 | 看護師のためのライフスタイルマガジン LILIE | 起業・独立
    2015年2月11日 at 12:09 PM - Reply

    […] アメリカで若い女性に愛されているブランドTOP10 | 看護師のためのライフスタイルマガジン LILIE […]